本日もエンジニアリーダーのインタビューをお届けしようと思います!
ご紹介するのはサーバ―エンジニアのIさん。以前リモートワークのデスク周りの紹介にも出て頂きました。

Iさんはキャンプとカメラが好きなアウトドア派で、自宅のベランダでトマトを育てているという自然派(?)でもあります。(前に社内slackでトマトの苗の引き取り手を募集していましたね!)

そんなIさんがココネに入った理由などを伺ってきました。

 

これまでのキャリアを教えてください

これまでの経験としては、人事給与システムと社内情報システムなど主に基幹、情報系のシステム開発に携わりました。
ココネに入社してからはモバイルアプリの開発を行っています。
Javaの経歴が一番長いですが、最近はGolangプロジェクトを行っています。
開発だけではなくクラウドサービスの知識も増やしてサービス成長に貢献したいと思っています。

 

今の仕事内容を教えてください

ポケコロツインのサーバー開発を担当しています。
生まれたばかりのサービスでもあり、やることや課題は山積みですが、新しい機能をリリースするたびにお客様の反応を直に感じられるので毎日楽しみに開発しています。

 

ココネへの転職のきっかけは?

前職の仲間から誘われて入社しました。
当時はまだ小さい会社で、一から全てを作らないといけなかったので大変ではありましたが、モバイルへの挑戦などワクワクしました。
お客様向けのサービスを皆で情熱持って作るのも楽しみでした。

 

ココネで実現できることは何でしょうか?

サーバー開発だけではなく開発全般の話になりますが、システムに支障がない限り、自分なりの開発ができます。
もちろん設計やコードのレビューはありますが、1つの施策を1人で担当するケースが多いので工夫して開発を進められます。
困った時は先輩のサポートも充実しているので早く成長できると思います。

 

ココネの魅力とは?

ココネカルチャーと言われる社風です。
お客様が感動するサービスを提供する、社員を大事にすることを基本に常にココネカルチャーの改善を進めています。
サービスについて自由に意見を交わすことや、状況をチームのメンバーに共有し、サービスが成長していく様子を制作しているメンバーが直に感じられる環境があります。

ジムや社内デリのスタッフも社員が健康に仕事ができるようにサポートしています。
「昨日より成長しよう」それを会社と社員がお互いにサポートしていく環境があることが良いところだと思います。

 

何かの説明中のIさん

 

Iさんはココネ創業の地である五反田時代に入社したメンバーで、開発部署だけでなくココネ全体がどう良くなっていけるかを気にかけており、頼りにしている後輩エンジニアも多く慕われている存在です。

早く好きなキャンプに出掛けられるようになるといいですね…!

ココネではサーバーエンジニアを募集中です!
https://recruit.jobcan.jp/cocone/show/tokyo/3466